ちょっとアレなニュース 【社会】出雲大社の設計図原本公開 古代高層神殿の謎調査


(・∀・)!!ヘッドライ~ン


(・∀・)!!ヘッドライ~ン

元祖オワタあんてな | 全記事一覧 | ≪前ページ | HOME | 次ページ≫

【社会】出雲大社の設計図原本公開 古代高層神殿の謎調査 

1:ちゅら猫◆CHURa3Ewlc @ちゅら猫φ ★:2012/04/10(火) 17:36:58.98 ???0
出雲大社の設計図原本公開 古代高層神殿の謎調査

島根県の出雲大社は10日、宮司の蔵に代々秘蔵されていた、高さ約48メートルあった
とされる古代高層神殿の平面設計図「金輪御造営差図」の原本を公開した。

今後は島根県立古代出雲歴史博物館が、紙質や書き込まれた文字などから、
描かれた年代を調べ、高層神殿がいつから存在していたのかなどの謎を解明するための調査を行う。

発表によると、設計図は縦約42・5センチ、横約30センチの紙に描かれ、
布に貼り付けて巻物として保管されていた。

これまでは江戸時代に描かれたとされる写本を公開してきたが、
出雲大社が約60年に1度の遷宮を迎えたことなどから、原本の公開を決めた。

http://www.47news.jp/CN/201204/CN2012041001001914.html




8:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 17:42:13.54 ID:vDr96LDC0
a1062ffe.jpg



32:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 17:53:27.22 ID:5/F5vPhA0
>>8
これを再建してくれないかね~。
これだけ高くて壮大なものをあの時代の人は作ったのだと知ったら、
日本人の持ってる自画像も根底から変わると思うんだが。




6:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 17:40:29.52 ID:v8KIfbyk0
奈良の大仏ができる数百年も前にそんなオーパーツがある筈が無い。
いやしかし、それがあったかもしれないとするならば。。。




3 名無しさん@12周年2012/04/10(火) 17:38:43.31 ID:vDr96LDC0 [1/2]
なぜ秘蔵されたものを

安易に公開する?

先祖代々がなぜ秘蔵してきたか考えろ。



87:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 18:44:33.17 ID:wEXM21b+0
公開した方が受け継がれることに気づいたんだろ




90名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 18:46:48.75 ID:nGmK+vozO
平面図だけじゃ何もわからんよ
だからこそ公開したんだろうけどね




129:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 20:21:43.22 ID:esf0DriV0
>>90
柱の太さや、それが残ってなくても柱の土台の石の大きさで
ある程度建物の規模が推測できるようです。

奈良県の遺跡から土台の石とその配置から「蘇我氏の屋敷ではないか?」というニュースをちょっと前見ました。




13
名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 17:43:47.05 ID:xAZ9J5sx0
これか 
izumo_m_4.jpg




15名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 17:45:24.05 ID:lMDiGPslP
>>13
これなら以前から公開されてるぞ。
何を今更って感じだな(´・ω・`)




18:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 17:47:51.05 ID:CkozCxT20
>>15
いや、だから
写本は江戸時代とかかれてるだろ。
原本が作成された年代を特定するというのが今回のミッション。




68:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 18:23:27.67 ID:lzdoD4jd0
なんで皆48メートルで驚いてるんだよ
それは中世の縮小版出雲大社で
古代のオリジナル大社は96メートルだったんだぜ!




20
名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 17:48:25.65 ID:o1ajlIjt0
48Mはないよね
大仏殿ぐらいじゃないの?




31名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 17:53:22.92 ID:CqDZTxeQ0
>>20
昔から神社の大きさをおぼえ歌で数える風習が有り、「大屋を誦して謂う。雲太、和二、京三(うんた・わに・きょうさん)」で、
一番の雲太とは出雲大社。2番目の和は奈良の東大寺大仏殿、三番目の京は京都の平安神宮の大極殿です。




122名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 20:10:15.30 ID:nQXjLuR20
>>31
>京は京都の平安神宮の大極殿です。

平安京内裏だね。神宮のは縮小して模したもの。




123名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 20:11:47.67 ID:v+zkJ2YM0
>>122

「神宮」は三重の伊勢神宮の事を言うんだよ。




126:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 20:17:38.21 ID:nQXjLuR20
>>123
すまない、めんどくさがって神宮とだけ書いてしまった。




162:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 21:28:12.69 ID:WqOUIhu80
>>123
一方,「大社」といえば,出雲大社




21名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 17:48:55.29 ID:LwD7/knP0
台風とか、津波で壊れたのかな?




108名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 19:20:26.15 ID:1xydJoqY0
>>21
当時の技術力を超越していたから、何もなくても壊れたりしたんじゃないか?
宗教的意味を除けば、あまりにも馬鹿げたことだろうな




138名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 20:33:50.41 ID:z3IZ6qdO0
>>108
大きすぎたから壊れちゃって残ってないんだろうな。
ロードス島の像みたいに。
つか比較対象にする法隆寺の五重の塔がオカシイだけなんだろうけど。




141名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 20:36:47.68 ID:o2ahDfYj0
>>138
法隆寺五重塔は、ある意味、免震構造だから。地震力を上手く受け流す工夫がなされていた。

一方昔の出雲大社は、復元のを見る限り、ただ高いだけ。
耐震的には何の工夫もされてない。




158:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 21:26:18.05 ID:mD8K8L0c0
>>141
江戸タワーが真似したよな。
昔の日本の建築技術、どんだけ高度なんだよ~。




22名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 17:49:43.50 ID:EbrwQzha0
法隆寺の五重塔だって30メートルちょいらしいから
ちょっと高すぎるんじゃね?




190:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 22:10:51.17 ID:8DpCijQt0
>>22
東大寺の七重の塔は100メートル




27:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 17:51:38.04 ID:j58GH5Gs0
>>22
ただ海外の紀元前4世紀のレクサンドリア大灯台は推定100m超えてる。
要するに自然災害での倒壊を気にしなければ昔の技術でもかなりいける。




29:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 17:52:40.20 ID:jPdzMdXo0
48m大神殿はしばしばなにもないのに倒壊しとる
再建があまりにも大変なので縮小した




71:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 18:25:19.58 ID:AI/0UDN6O
>>29
何もないのにと言うが出雲市内中心街でも普段から日本海からの風が強いからね
大社は海の近くだし大神殿は海に向かって海岸に建てられていたみたいだが、だったら倒れた理由はすぐわかる




149:にょろ~ん♂(忍法帖【Lv=40,xxxPT】 ):2012/04/10(火) 21:12:21.71 ID:tRMKaoJ/0
なんでこんなに高くする必要があったんだ?




183:怒髪◆6Ih34Awd1Q :2012/04/10(火) 22:02:47.52 ID:NMB6G0fX0
>>149
少しでも高い位置にあれば、降りてくる神さまが楽できるでしょ。( ゚ω゚ )




170名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 21:39:19.50 ID:M0PG78Mp0
飛鳥時代には百済大寺の九重塔なんてのもあったし、東大寺にも七重塔一対とか
どれも90~100m級のもあった。
真柱さえしっかりしてれば、人が住む訳じゃないし、充分高さは保てたらしい。
残念な事に、火災には勝てず仕舞いで、木材も大木を使い果たしてしまったが。
法隆寺のも一度焼け落ちたけど、真柱のスペアを地中に用意しといたお陰で
670年に再建出来たのだと。




175:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 21:48:45.10 ID:BzWxpykL0
古代からあった巨木を使えば可能だったかもしれんな。
現代では手に入らないから再建は無理だろう・・・

>>170
芯柱のスペアを用意してたとか、信じられ無いほど用意周到だなw




186名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 22:04:59.49 ID:n3Yf2CJD0
倒れた出雲大社の柱の切れっぱし、近辺の誰か家宝として残していないのかな。




194:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 22:19:07.39 ID:o2ahDfYj0
>>186
根っこの部分が、土中に埋まってたよ。かなり腐って消えていたけど、残ってる部分だけでも相当なもんだった。




19:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 17:48:12.39 ID:CqDZTxeQ0
>>1
某国に朴られないように厳重に保管してください。




52:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 18:05:41.46 ID:iZjmzzZv0
!ピコーン
<丶`∀´>




57:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 18:08:08.15 ID:9jKBqMGh0
>>52
おいwww




82:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 18:37:41.46 ID:hjP1MDLE0
中国に同じモノが建つなこりゃ




195:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 22:19:34.91 ID:CqDZTxeQ0
>>82
先月だったか読売新聞に記事が掲載されてたんだけど
中国に総アルミ製の八角九重塔が建設されたんだってw




23
名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 17:49:56.36 ID:VZy/0rnx0
いつ本殿の大修復?が終わるんだっけ




66名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 18:18:29.66 ID:14nivBWHO
>>23
本殿の改修はもう終わってて、今は周りの覆屋を解体中
今年の夏には全貌が現れる予定
ご神体移すのは来年




185:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 22:04:23.14 ID:CqDZTxeQ0
>>66
2006年伊勢神宮の遷宮での建築木材として使用する木材の御木曳きに一日領民として参加してきた。
無事行事が終了した後、宮司さんの先導により内宮の参拝だったが、まさかの玉垣内での参拝がゆるされ大感激した。

次は確か平成5年だったか、宮川河原から採集した「お白石」を陸曳・川曳で運び、正殿用地に敷き詰めるお白石持行事に参加予定。遷御後は、絶対に立ち入ることのできない、正殿そばまで入ることができる唯一の機会だから楽しみ。




38名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 17:57:55.05 ID:v8KIfbyk0
さて、そこで軍事拠点としての出雲大社を考えてみましょう。

出雲は山陰地方の北半分をほぼ180度見渡せる地形にあります。もし大宰府
(北九州)を異国防衛拠点とした場合、その裏に回りこむ為には、回り込んで
南九州か山陰地方か、山陰を越えて若狭湾か北陸へ上陸する必要があります。
つまり、出雲に大灯台を建てる事によって、異国から大船団を若狭~北陸へと
上陸させる作戦はかなり至難となってくるワケなんです。

そう、異国→日本のどこかへ上陸→畿内等大和主要都市へと進軍させる為に
は、出雲等の大灯台(見張り台)はあるとないとでは大違いなのです。そう
言う意味合いを持ち得る拠点である事だけは確かなのです。
つまり、高層建造物が確かに必要とされる土地とも言えるワケです。




46名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 18:01:29.10 ID:9jKBqMGh0
>>38
そーなのかー。
そういえば戦国時代に出雲の尼子も強かったよな。
あんな田舎の大名がなぜ強かったのか不思議だったんだよ。
出雲がそんな要衝地だったとは知らなかった。
古代日本人の方が大陸を意識していたのかもね。




64:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 18:13:38.68 ID:v8KIfbyk0
>>46
「拠点」と言うのは軍略的にはそうそう一気に変るもんでもありませんね。
(勿論外交状況や技術革新によっては変わり得ますが)仮に、出雲の地を
「日本に侵攻したい異国」が入手したら、どうなるか?と考えてみるシミュ
レーションです。
出雲の神を畏れつつも、ないがしろにはできなかった(ないがしろにして
もし反対側勢力に付かれたら大変)と言う意識が大和王朝にあって、その
警戒心が、「出雲大社を壮大にさせた」と言う図式は、実務的にも理念的にも
整合性のある地方行政だったのかもしれませんね。




40名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 17:58:24.42 ID:cbBTLPyX0
注連縄は逆だし
オオクニヌシはそっぽ向いてるし
柏手は4回だし
特異だよね




45:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 18:01:26.85 ID:CqDZTxeQ0
>>40
氏神様は拍手2回、兵庫の清荒神さんは3回なので、出雲に行ったとき
何回だったっけ?と時々間違えてしまいます。




137:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 20:32:52.81 ID:XSAF5WN5O
>>40
出雲大社は伊勢神宮が日本の「昼」の部分を守護する真逆で
日本の「夜」の部分、ひいては「常世(あの世)」を守護している
島根県には「黄泉比良坂」はじめ「あの世の入り口」がけっこうあったりする・・・




56名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 18:07:40.81 ID:uXJXD3jUO
江戸城再建した方が外国人ウケするだろ




69:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 18:24:10.83 ID:to2Rwo6F0
>>56
あの場所いまも使ってんだから再建しても観光できないだろw
眺めるだけなら秀吉にならってハリボテでもいいだろうけどさ




76名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 18:31:48.03 ID:cnZcjVCv0
8つの頭と8本の尾を持ち、目はホオズキのように真っ赤で、背中には苔や木が生え、腹は血でただれ、8つの谷、8つの峰にまたがるほど巨大な怪物




86名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 18:43:42.27 ID:9opbcJl7O
>>76
異説もある。
古代の8は最高数値なので非常に多いというもの。
8つの頭ではなく数えきれないほどの頭を持った大蛇。




88名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 18:45:58.51 ID:vXAFvjfP0
>>86
>>古代の8は最高数値なので非常に多いというもの。
>>8つの頭ではなく数えきれないほどの頭を持った大蛇。

鉄を作る時に溶けた鉄の材料説(鋼)もあるしね




92:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 18:51:15.34 ID:9opbcJl7O
>>88
ああ、その説も聴いたことがある。
斐川が暴れ川で支流を混ぜて大蛇に例えられたとの説もあった。




96名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 18:59:07.52 ID:YWnc9ryA0
おまえらなんでそんなに古代のことに詳しいの?




100名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 19:03:34.18 ID:Bk9Azpp90
>>96
日本神話はある意味、一般教養の部類




101名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 19:05:44.94 ID:YWnc9ryA0
>>100
あんまり詳しくない俺は何から読み始めればいいのか教えて。古事記とか日本書紀でいいの?




102:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 19:07:18.48 ID:cnZcjVCv0
>>101
諸星大二郎




107:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 19:18:06.06 ID:s5VeTyrO0
>>101
ついでに旧約聖書の物語を読むとなぜか同一性のある話があって面白いかもね。




104名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 19:15:03.30 ID:x17dJ8IB0
しかし、本当にすごい知識だ。ここの人は。
知識と冗談入り交じって、楽しんで




152:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 21:17:40.13 ID:61gU5oAp0
>>104 そこが2ちゃんねるの面白いところ!




98:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 19:03:17.82 ID:TaXADVSJ0
設計図がヘブライ語で書かれてなくてほっとした




110:名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 19:22:40.68 ID:9opbcJl7O
出雲の神で欠かせないのが素戔嗚尊。
素戔嗚尊を祭る京都の八坂神社は昔、弥栄神社と書いた。弥栄=ヤハウェではないか。
また、八坂神社が関係する祇園祭りには六ぼう星(カゴメ紋)=ダビデの星が見られる。
出雲族はユダヤ12支族の何れかと説く人がいる。
また、素戔嗚尊は蘇我氏の先祖という学者もいる。
出雲って、面白いな。




187名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 22:06:16.53 ID:m2ojA7b20
天皇が崩御すると日継ぎの儀式が行われる。日、つまり太陽のことだ。
逆に出雲宮司が崩御すると火継ぎの儀式が行われる。火とは偽の太陽、つまり陰だ。
これは道教に影響を受けたもので、古代朝鮮で広く行われていた宗教儀礼に通じる。
つまり、日本とは朝鮮のコピーであるともいえる。朝鮮人の偉大さを改めて痛感する。




193:怒髪◆6Ih34Awd1Q :2012/04/10(火) 22:12:14.05 ID:NMB6G0fX0
>>187
火継式は、大国主命の魂を受け継ぐ儀式ですよ。
陰もクソもないです。(´ω`)




189名無しさん@12周年:2012/04/10(火) 22:08:22.54 ID:JiRHs9HS0
なんで縁結びの神さんなんかがわからん




214:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 00:24:07.13 ID:G8KL48s5O
>>189 縁結びの神様じゃないと言う人もいるよ。
なんだか自分もそう感じる。




222:婆◆HKZsYRUkck :2012/04/11(水) 00:42:24.92 ID:1co8cv1s0
>>189
縁結びっていうか、大国主さんがモテ男だったからだけだ
という気がするw




217:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 00:38:29.32 ID:ZPDXz06Y0
数年前の初夏にここの手水舎にて、偶然向かいにいたかわいい女子大生
っぽい娘が前かがみになった時、首元がゆるい下着で胸ポッチまでばっちり
見れたのはいい思い出。出雲の神々に感謝、感謝。




219名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 00:41:06.47 ID:/e/iEN0b0
出雲系って天皇からすれば異端なんだろ?
てか、大社って名がつく神社は、天照大神系じゃない神社なの?




227:ココ電球 _/::o-ν ◆tIS/.aX84. :2012/04/11(水) 01:08:42.81 ID:ysvJecmv0
>>219
古事記、日本書紀によれば出雲神の時代から政権を受け継いで大和神の時代になった。
昔の日本を統治してたのは出雲神だと書かれてる




223
名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 00:42:49.21 ID:dru0fc0J0
>>219
異端と言うより征服した
出雲の新宮家の方が歴史も長い。




229:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:13:12.60 ID:/e/iEN0b0
>>223
オオクニヌシの国譲りのこと?
息子が相撲で投げ飛ばされて逃げた地が諏訪大社なんだっけ?

スサノオノミコトの元になった人が先に日本に来て
その子孫が統治してたところ
姉であるアマテラスの元になった人の子孫が奪いに来たって感じなのかなぁ
そういうのを神話感覚で記したのが記紀なのかもね




232:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:24:12.52 ID:yW4UoO7TO
神話の時代は日本の中心地で、たぶん倭国大乱あたりの主役なんだろ。

中国の歴史書にあるヤマトも、力で全国制覇したんじゃなくて、
ヒミコやトヨのカリスマ性で平和裏に全国平定した感じだし、
神話の「国譲り」は文字通り「譲った」という事だと思うよ。




233:名無しさん@12周年:2012/04/11(水) 01:25:48.69 ID:O0/AHfgS0
で、GWに出雲大社に行く人どれくらいいるの?





http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1334047018/
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
諸星 大二郎

集英社
売り上げランキング : 19468

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
[ 2012/04/11 05:10 ]
性機能改善!ED治療薬| 話題 | TB(0) | CM(29)
フレッツ光申込みで≪最大82,000円キャッシュバック!≫ 為替取引を始めるなら≪DMM FX≫









ほむ☆プラス

俺妹プラス

アズプラス




120196
結構、厨技術が失われてるんだよな
刀鍛冶とか
[ 2012/04/11 07:06 ] [ 編集 ]
120197
古代史の最大の謎の一つだよね
日本史だけ見てもまだまだ謎が多く、歴史って奥深い
[ 2012/04/11 07:35 ] [ 編集 ]
120198
確か、これ当時の出雲でカリスマ支配者だった大国主命に大和朝廷が死んでくれって頼みに行って、こんなん作って祭ってくれたらおkって返事貰って作った的な社だったと理解している。
[ 2012/04/11 07:44 ] [ 編集 ]
120199
伊佐須美神社がこの古代出雲大社っぽいの目指しちゃってんだけど、ワクワクしながら生温く見守ってる最中。

ほかにも古代出雲目指してる神社ってあるのかな?
実現したらぜひ登…参拝しに行きたいw
[ 2012/04/11 07:53 ] [ 編集 ]
120200
まだ建築技術が未熟なのにこんなでかい社作ったらそりゃ壊れるわな
[ 2012/04/11 08:52 ] [ 編集 ]
120201
出雲大社とか小さい頃から遠足で行ってるもんで壮大さや歴史の奥深さに全く気付けなかったわ
当時日本での最大勢力を誇ってたとしても今は山陰のマイナー都市に過ぎない…
歴史をもっとアピールして観光資源にするしかない
[ 2012/04/11 08:54 ] [ 編集 ]
120202
>>232
> 中国の歴史書にあるヤマトも、力で全国制覇したんじゃなくて、ヒミコやトヨのカリスマ性で平和裏に全国平定した感じだし、神話の「国譲り」は文字通り「譲った」という事だと思うよ。

卑弥呼や臺與の時代の倭は、まだ国としての倭ではなく地域名称としての倭の時代じゃないかね
魏志東夷傳倭人を見ると、邪馬台国以外に幾つか国々が存在し、狗奴国は男子を王とし、女王(の支配)に属していないので全国を平定したとか無いわ~

卑弥呼が治めた邪馬台国、国としての倭の括りとされるのは、多分、梁書の引用辺りからなんじゃないかと考える
梁書の成立期(629年)には恐らく、当時の倭は国家の"倭"として、既に国家の態(梁書成立期には、倭は既に飛鳥時代)が成立していたので、梁書の卑弥呼の治めた地域の記述を一括りに倭と手直ししたんじゃないかと考える

[ 2012/04/11 09:20 ] [ 編集 ]
120204
まさかとは思うが、大津波が来て神殿が・・・
[ 2012/04/11 10:29 ] [ 編集 ]
120205
これが朝鮮半島から伝わった原本なのですね
優れた技術を日本が真似した証左となりますね
[ 2012/04/11 10:50 ] [ 編集 ]
120206
まあ半島からでも今の韓国とは関係無いしな
[ 2012/04/11 11:09 ] [ 編集 ]
120207
技術よりも作るだけの巨大な木材がなくなったらしい。
姫路城も心柱が腐って、昭和の大改修で替えの木材を探したが到底見つからず、どこかのご神木を切って使わせてもらった。

三内丸山遺跡にある六本柱遺構も出雲大社タイプのプロトタイプだったりするのかなぁ。
[ 2012/04/11 11:16 ] [ 編集 ]
120208
どっかで出雲大社は韓国から伝わったって言ってる馬鹿がいるけどそんなことないよー
文化的様式で考えると、高層建築を好むのは海洋民族
高い位置から海を見渡して、次に渡る島を決める文化を持つのが遠因
当時の朝鮮半島の文化は北方系が支配的で高層建築よりも広く密閉性の高い屋敷を構えるのを好んだので、文化様式に違いがありすぎる
新羅系は南方のポリネシア系って分かってるけど、これと近いのは日本では福井~伊勢湾辺りの文化
出雲系は関係ない
個人的には新羅は朝鮮半島出自じゃなくて、日本が源流と思うけどね
[ 2012/04/11 11:59 ] [ 編集 ]
120209
出雲の神官の一族って元を正せば皇室に連なるって事でいいのかな?神話的なレベルでだろうけど。
[ 2012/04/11 12:32 ] [ 編集 ]
120210
チョン公は黙ってろ
借金返せ
[ 2012/04/11 12:43 ] [ 編集 ]
120211
≫82

同じ様な建造物が建って、「日本の物より千年前に建てられた物」と発表するまでがシナクォリティ。
[ 2012/04/11 13:23 ] [ 編集 ]
120212
案外新しかったり古かったりしてほしいなあ、その方が面白いし。
[ 2012/04/11 13:39 ] [ 編集 ]
120213
>>189
縁結びの神様と言われるのは、神無月に全国の神様が出雲大社に集まって、縁結びの会議を開くからだよ。出雲では10月を神有月というのは有名だね。

[ 2012/04/11 14:26 ] [ 編集 ]
120214
※120209
千家の方が天皇家より歴史は古かったはず
交わることはあっただろうけど基本的には別系統だよ

今でも出雲大社は天皇が立ち入れない場所だしね
[ 2012/04/11 15:52 ] [ 編集 ]
120215
ほーら、クサヨチャンのガセが始まったw
[ 2012/04/11 18:11 ] [ 編集 ]
120218
朝鮮半島から伝わった?
朝鮮半島にはこれクラスの遺跡なんぞ一個も出てこないのに?
[ 2012/04/11 21:18 ] [ 編集 ]
120219
千家ってなに?
千利休のヤツ?
[ 2012/04/11 21:21 ] [ 編集 ]
120220
「縁結び」の神様って言われるのは、スサノオノミコトが八岐大蛇を退治した後に、出雲大社で妻を娶ったからじゃなかった?
[ 2012/04/11 23:07 ] [ 編集 ]
120221
とりあえず島根県民として、来年は式年遷宮も完了するので観光に来ていただけるとありがたいです。
但し10月は例年でもかなり混雑するし、そこは避けてきた方がいいかも。
お蕎麦うまいよお蕎麦。いいとこだよド田舎だけど。
[ 2012/04/11 23:49 ] [ 編集 ]
120224
大陸の方から密入国者が入ってこないようにするための見張り台がはじまりなんだろ
わりとマジでねwww
[ 2012/04/12 00:24 ] [ 編集 ]
120240
※120219
千家氏(せんげし)と北島氏(きたじまし)っていう代々出雲大社の祭祀を務めてきた家系のうちの一つだよ
[ 2012/04/12 12:25 ] [ 編集 ]
120241
ドキュメンタリで見たなあと思って探したらあった。
「巨大神社は実在したか・古代出雲大社のナゾ」
[ 2012/04/12 12:53 ] [ 編集 ]
120310
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
[ 2012/04/13 10:35 ] [ 編集 ]
120634
>まだ建築技術が未熟なのにこんなでかい社作ったらそりゃ壊れるわな
法隆寺を見ればわかるが少なくとも飛鳥から鎌倉時代までは非常に優れた建築技術を持っていた
なぜ倒れたのかは今となっては知る由もないがやはり日本海特有の強い風が原因かもしれん
[ 2012/04/17 22:46 ] [ 編集 ]
120639
最近パソコンのソフトを作ってます!
よかったら、覗いて見てください☆

http://reves-phantasm.com
[ 2012/04/17 23:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
















管理者にだけ表示を許可する



sssss 「とある科学の超電磁砲 #1」 無料配信中!
感謝!
AKB48 LIVE!! ON DEMAND DMM.make 3Dプリント
最新TOP絵
top_20101203155901.jpg 
↑叙火さんから
ぼめおさんから↑

日本の経済・ビジネスニュースさんから↑
top.png 
KAN GAMER(kotoさん)↑
ぱよちん界の小物 闇のキャンディーズ氏推奨コーナー
ぱよぱよちーんでおなじみの通称しばかれ隊 その中でも小物の新潟○報社部長 闇のキャンディーズ氏が喉から手が出る程欲しい物を集めたコーナー。
おすすめ